事業案内

自社で餌から飼育方法までを徹底管理して飼育した、新鮮で上質なブロイラーを加工し、鶏肉本来のおいしさを知っていただくために、新鮮なうちに安全・安心をのせてお客様へお届けいたします。

鶏の管理体制

生産委託農場は岡山県内に12農場あり、飼育羽数は年間3,250,000羽。
今後も農場を新設・増設し、飼育羽数も増加する予定です。

処理工場は1日平均12,000羽(最大20000羽)の処理が可能な設備と機器を有し、最新の加工設備による、新鮮な鶏肉を使用した新たな商品の開発を予定しております。

飼育の段階から、安全・安心には細心の注意を払っており、そのための飼料も飼料メーカーと綿密に打合せを行いベストなものを選択。家禽伝染病防疫に対しても可能な限りの対策を施しており、最善の方策で鶏の飼育に臨んでいます。

鶏舎画像

周辺環境について

グリーンポートリーは岡山県の北中部、苫田郡にあります。
苫田郡は、中国山地の三国山から流れる吉井川、その上流に位置し紅葉の名所として知られる奥津渓、名水百選に指定された岩井の清水、岩井滝など、水の恵みの豊かな土地です。

そんな自然豊かな土地にある養鶏場は、広々とした鶏舎で鶏が自由に運動できる平飼いを採用しています。経験豊富な養鶏の専門家たちが、季節や気候に合わせて細やかに餌や環境を調整するなど、最善の方法で鶏の飼育を行っています。

また、美味しさのための鮮度を最優先に考え、鶏肉の処理場と同じ敷地内に加工工場を完備。処理した鶏肉は、時間を置かず加工工場に運び、鶏肉を使ったソーセージ、チキンカツなど、安全で美味しい食品に加工して出荷しています。

周辺環境画像